2010年01月18日

東京オートサロン2

こんちはわーい(嬉しい顔)

昨日の続きを。

さてさて、TOYOTAブースではG's+GAZOOレーシングで

盛り上がってたけど

FT−86 G Sports Concept
FT86.jpg


FT−86の隣には、もちろん、藤原とうふ店のAE86トレノが展示してあったよ。

なんとあせあせ(飛び散る汗) その隣には、往年のヨタハチが展示してあった。

写メが、ごった返していて撮れなかったよもうやだ〜(悲しい顔)


さらに進んでHondaのブースへ。

〜パンフレットより。

エコの時代 我慢するのではなく、
走りの喜びを高めたい
そんなドライバーの思いに応える
それが、Sports Modulo。


う〜ん。確かに、そうだよね。

さすがHondaさん。

でも、打倒VTEC!に変わりはないぜダッシュ(走り出すさま)

Modulo INSIGHT
TYPEーR.jpg

早くも2月25日にFT−86のライバル、CR−Zがデビューらしいね。

気になる。

さて、もっと進んでNISSANブースへGO!

やっぱり、これ?

nismo
GT−R Club Sports Pakage
R35.jpg

ノーマルのGT−Rを、2010年モデルのスペックVにするパッケージ。

もちろん、お値段もそれなりに。

今年の12月には、レクサスを意識した スペックMが発売予定?


今年は、贔屓で見るわけではないけどTOYOTAの反撃が面白いと思う。

これで、景気に刺激を与えられると良いな。


メーカーではなく、各カスタムブランドも負けてないよ。

大きなところでは、余り傾向が変わってないような印象だけど

つまり、映画の「ワイルドスピード」に登場するチューニングカーみたいなマシン。

エアロにGTウイングで武装したチューニングカーの中で、旧車をカスタムする嗜好が

増えてる感じがする。

これは、所さん(所ジョージ)の影響かな?

雑誌「ディトナ」や世田谷ベースの所さん流の楽しみかたが浸透してきたのかもね。

もちろん雑誌でも「OPTION」流の楽しみ方もあるけど、

ある程度、年齢を重ねると大人としての楽しみを求めてくると思うよ。

だって、こういったカスタムを提案するショップ(RockyAuto等)では、

けっこう、40代〜60代くらいのおじさん達が目輝かしてみてショップの人と盛り上がってたよわーい(嬉しい顔)

では、明日?に続く。

posted by よっし〜 at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。